1. HOME
  2. 導入事例
  3. めいどりーみん 様

導入事例
めいどりーみん 様


めいどりーみん Heaven’s Gate店(東京都千代田区)

ネットレジサービス対応のQT-6000が、秋葉原No.1メイド喫茶の成長を支援。

サブカルチャーの聖地、秋葉原でNo.1メイドカフェグループの座を誇る『めいどりーみん』。同エリアに5店舗を構えるほか、東名阪や海外も合わせて計15店舗を展開。店舗で働くキャストも総勢400名を超えるなど、その規模は年々拡大しています。そこで、同店を運営する株式会社ネオディライトインターナショナルでは、増加する店舗の管理を効率化するため、ネットレジサービスとQT-6000を導入。売上集計や顧客分析、経営分析などに活用しています。

秋葉原地区のメイド喫茶店舗数において。

事業拡大に伴い煩雑化する店舗管理を、ネットレジがサポート。


株式会社ネオディライトインターナショナル
営業推進部長 矢野雅俊氏

2008年の1号店オープン以来、短期間で急成長を遂げ、業界トップクラスの地位を確立した『めいどりーみん』。遠方から来店する方も多く、多くのメディアで取り上げられるなど、他店を圧倒する人気ぶりは衰えることを知りません。その成功の秘訣は、綿密なマーケティングと大胆な経営戦略にあるといいます。

「特定の人向けというイメージが強かったメイドカフェの概念を覆し、誰もが楽しめる“ジャパンカルチャー”というイメージを創り上げることで、サラリーマン、家族連れ、外国人観光客など、幅広い層のお客様から支持をいただいています。そのため、初めての方でも入りやすい店づくりに力を入れるだけでなく、アルバイトであっても、ひとりひとりが店舗を支える一員としての自覚を持ち、サービスをお届けするよう心がけています。」

「また、アルコール類を提供して、宴会やパーティプランに対応するなど、様々なシーンでの利用が可能なのも特長のひとつ。より多くのお客様のニーズに合った付加価値を生み出すことで、顧客数を着実に増加。その積み重ねが、現在の成長につながっているのだと思います。」と語るのは、『めいどりーみん』を運営する株式会社ネオディライトインターナショナル 営業推進部長の矢野氏。

一方、事業規模が大きくなると、難しくなるのが徹底した店舗管理。そこで、同社では、複数店舗管理に役立つネットレジサービスに着目。現在、国内全店に導入するとともに、対応端末であるQT-6000も順次導入を進めています。

「もともと手作業で行っていた売上などの集計作業を自動化したいという思いがありました。また、1日の総売上だけでなく、曜日別や時間帯別、メニュー別の内訳が見られれば、経営分析に役立つということでネットレジサービスに加入しました。今では店舗運営に欠かせないシステムとして日々活躍しています。」

よりよい経営に、よりよい分析あり。売上集計管理サービスで顧客ニーズを把握。


店舗カウンターに設置されたQT-6000

『めいどりーみん』では、幅広いお客様のニーズにお応えするため、多彩なメニューをラインアップ。メイドカフェの定番、お絵かきパフォーマンス付きのオムライスをはじめ、おつまみ、サラダ、デザートなどのフードメニューから、ソフトドリンク、アルコールなどのメニューまで豊富に取り揃えています。また、店内でオリジナルグッズの販売も行っています。

「メニューも大切ですが、メイドカフェの基本はなんといってもサービス。いかに、お客様に癒しのひとときを楽しんでいただけるかが重要です。お客様ひとりひとりに最高のサービスを提供するため、シーズン企画やマンスリーイベントなど、みんなでアイデアを出し合い、できることは惜しみなくやっていくという姿勢で頑張っています。」

顧客ニーズの把握には、もちろんネットレジの売上集計管理サービスを活用。本部にいながら、各店舗の売上状況をほぼリアルタイムで把握するとともに、携帯電話に送られてくる1日2回の速報値も欠かさずチェックしています。そのつど店舗に電話連絡をする手間が省け、時間の有効活用にもつながるといいます。

「当店は、ブログ、ツイッター、フェイスブックなど、ネットを通じたコミュニケーションが多いため、顧客の反応が早いのが特長。午前中に発信したインフォメーションが、夕方にはレスポンスとして現れることもあるほど。その点、ネットレジによるタイムリーな売上集計はありがたいですね。」

また、売上集計管理サービスでは、曜日別や時間帯別の売上からエリア特性を把握したり、メニュー別の売上からグランドメニューの改訂を行ったりと、経営戦略に関わるデータを取ることもできます。

「客層別のデータも重要ですね。一見さん向けのキャンペーンや常連さんのための限定イベントなど、プロモーションを的確かつ効率的に展開するのに役立ちます。」

QT-6000とオーダーエントリーシステムが、接客から会計までスムーズな店舗業務を支援。


QT-6000操作イメージ

実際の店舗での運用では、まず、オーダー業務にブックレット型のハンディターミナルを利用。タッチキーによるスムーズなオペレーションが可能で、初めての人でもすぐに使いこなせるので、アルバイトの多い店舗には最適なシステムだといえます。

そして、会計処理はQT-6000で実行。わかりやすいカラー液晶画面で商品写真表示にも対応するほか、防滴仕様のスクリーンを採用し、濡れた手でも操作できます。もちろん、クレジットカード端末も装備。カードでの支払いは、とくに外国人観光客に重宝されているそうです。

「QT-6000とオーダーエントリーシステムを導入することで、接客から会計まで、毎日の店舗業務が大幅に改善されたと思います。さすが、ネットレジのフラッグシップ機というだけのことはある。現在10店舗で稼働していますが、早く全店への導入を進めていきたいですね。」

「また、ワンタッチで現時点の売上が画面確認できる点も便利。一日の目標金額まであとどのくらいか、ということがすぐにわかるので、閉店後の集計で目標金額に届かなかったという悔しい思いをすることなく、目標未達を防ぐために対策を打つことができる。全員が一丸となって売上に貢献しようとモチベーションを上げることができます。」

メニューやサービスの内容など、店舗運営をある程度まで各店の裁量に任せているという『めいどりーみん』。そのせいか、キャストを含め全スタッフの士気が高く、現場では、店や仕事に誇りを持ち、お客様には愛着を持って接しているのが、ひしひしと感じられます。年2回行われる顧客参加型の表彰制度にも、そんな経営方針が息づいており、スタッフとお客様が一緒になって店を盛り上げていこうという気持ちが伝わってくるようです。


ギザりっち!デミオムライス(お絵かきパフォーマンス付き)

現在15店舗を展開し、海外進出まで果たした『めいどりーみん』では、今後も、お客様に笑顔になっていただける唯一無二のエンターテイメントを目指し、さらなる出店エリアの拡大を検討しているそうです。

「九州をはじめ、国内にもアイドル文化が根付いた街がまだまだあり、そうした地域への出店を考えています。また、アジア圏におけるジャパンカルチャーの人気ぶりも無視できません。メイドカフェに対する潜在需要は、これからも増えていくと思われます。ネットレジとともに、さらなる成長を目指して頑張っていきたいですね。」

PAGETOP