1. HOME
  2. 飲食店経営コラム
  3. お客様数のアップ
  4. ライバル飲食店に差をつけるには、SNSの活用が不可欠
  • お客様数のアップ

ライバル飲食店に差をつけるには、SNSの活用が不可欠

写真に特化したSNSインスタグラム

飲食店が集客数を増やすためのポイントの1つは、自店のウリをちゃんと伝えることですね。

たとえばボリュームの多さをウリにしているドンブリ店ならば、そのメガ盛りっぷりを、鮮度と厚切りにこだわっている刺身居酒屋ならば、その刺身の新鮮さなどをより多くの人に魅力的に伝えることができれば、集客は大いに期待できます。

その、「自店のウリをお客様に伝える」際に鍵となるのは、どのような写真をどのような媒体で伝えていくか、という点です。
もちろん、プロのカメラマンに撮影してもらった写真をチラシに刷り、配布すれば良いのでしょうが、それなりの費用がかかってしまいます。さらに、紙のチラシでは、せっかくお金をかけて印刷をしても、飲食店を探している人にちゃんと届くかどうかは疑問です。

最近では、飲食店経営者や店長自らがブログを書いたり、Facebookページにこまめに投稿し続けたりという努力をしているケースが増えてきました。時にはお客様が店舗で撮影してくれた写真を各種SNSに投稿してくれることもあるでしょうが、その際の問題は「写真の品質が低いケースが多い」という点です。この写真品質の低さを補ってくれるSNSは無いものでしょうか?

実は、飲食店にとってかなり使えるSNSがあります。それが今、若者の間で利用者が急増中のインスタグラム(Instagram)です。インスタと呼ばれるこのSNSは、世界中で4億人以上が使っていますが、「スマホベースのSNSで、画像と動画を投稿することをメインに開発されている」という点がポイントです。多くのSNSが「文字を書いて、自分の想いを他の人に伝える」ことに重きを置いているのに対して、インスタでは「言葉はいらないから、写真で自分の想いや経験、世界観を他の人に伝える」ことを重視しています。

インスタでは、スマホで撮影した画像のフレーム変更や色補正などの加工をその場で直観的に行えるため、「撮った時は大したことが無い写真」でも、ちょっと加工をするだけで、「かなりイケてる写真」にすることができるのです。自分の世界観を大切にしている、流行に敏感な若年層は、「SNSに投稿する写真がダサければ、自分もダサく思われてしまう」と感じるために、飲食店で食べた料理の写真でも、「世界一おいしそうに」加工をしてくれ、インスタグラムに投稿してくれるのです。

これからSNSを使って集客数を増やしていきたいと考えている飲食店は、まずは自店のインスタグラムのアカウントを開設してください。最初は見よう見まねで結構ですから、一押し料理をスマホで撮影し、インスタで加工をして、アップをし続けるのです。自店のお客様になっていただけそうな方をインスタ上で見つけたら、すかさずフォローをしてみてください。先方がこちらをフォローし返してくれると、ダイレクトメッセージを送信したり、非公開写真を見せることが可能となります。

「当店のInstagramをフォローしてくれているお客様限定で、〇〇のマル秘食材を使った新メニューの試食会にご招待します。ぜひフォローしてくださいね」

このようなPOPを店内に貼ったり、インスタ上で告知をし続けていけば、少しずつではありますが、フォロワーが増えていき、そのフォロワーを通じて自店のウリを情報発信することができるようになります。

自店の店内に貼るPOPを簡単に作成できるサービスはこちら

昨年4月に上陸した口コミサイトYelpに注目

インスタグラムだけではなく、集客アップを図っていく上で注目しておきたいSNSがYelp(イエルプ)です。Yelpはアメリカを中心に世界25ケ国で利用され、1ケ月間のビジターは1億2000万人を越えていると言われています。扱っているカテゴリーは飲食店からトラベルやホテルまで広がり、総合口コミサイトをうたってはいますが、最も多いのは飲食店です。

日本において飲食店の口コミサイトと言えば、食べログやぐるなびを思い浮かべる人も多いでしょう。ただYelpと食べログなどとの違いは、レビューを投稿する人の顔写真と実名の登録を推奨しているところです。同時に何回も登録されたレビューは独自のアルゴリズムで自動的に排除されるため、意図的なコメントが少なくなり、レビュー品質は自然と高くなっていきます。すでに北米を中心とした海外ではお店を探すときに使うのが常識と言われているのYelp。自動翻訳機が装備されているので、来日される海外旅行客へのインバウンド対策にも期待ができるでしょう。

このYelpは現在、東京と大阪エリアを中心にサービスをスタートしています。今後、登録されるお店が増えていくことはまちがいなさそうですが、まだ全国区ではない分、あなたのお店がそのキーワードで1位に表示される確率も高くなっていきます。食べログやぐるなびでは予約受け機能などは有料ですがYelpでは無料であるところも登録する側にとっては嬉しいポイントです。

共通するのは難しくないこと

今回ご紹介した2つのSNSに共通するのはアップや更新がそれほど難しくないこと。「WEB関係は苦手」と思っていた人も実際に手を動かしてみると想像していた以上に簡単にできることがわかるでしょう。

「うちのお店のメインのお客はネット検索の多い若者ではなく、中高年がメイン」と思っていたら要注意です。スマホでお店を検索する年齢はどんどん高まっています。食べログやぐるなびを見ればすぐにわかりますが様々なお店が掲載され、投稿する年齢層も多彩です。WEB関係への手を打つのに躊躇している間にお客様はSNSを上手に活用しているお店に流れている可能性があります。インスタグラムとYelp、ぜひとも今年からチャレンジしてみたいSNSです。

面倒な単純事務作業はクラウドで省力化

  • 飲食店経営コラム
  • 無料お役立ち資料
PAGETOP