• お客様数のアップ

飲食店の「予約受付時間帯」を調整して売上アップ

忘年会シーズンのディナー時間帯予約は3回転を狙う

年末に向け、飲食店はそろそろ忘年会予約獲得の準備を始められているでしょう。
メニューはどうしよう、価格はいくらに設定しよう、チラシは撒こうかなど、色々な思案をされていることと思いますが、今年から「予約受付をする時間帯」についても意識をしてみてください。

それは、お客様から忘年会の予約を受付ける際に、先方の要望通りに席を用意してしまうと、回転効率が悪くなってしまうからです。

例えば、お客様のご要望通りに12月の金曜日の20時に10名の忘年会の予約を受付けたとしましょう。このお客様が帰られるのは22時過ぎ。この後の団体予約を受付けることはできません。書き入れ時なのにもったいないですよね。

でも、忘年会シーズンの予約は思い切って、①17時から ②19時から ③21時からのそれぞれ2時間制にしてみたらいかがでしょうか?

これでしたらディナータイムだけで3回転することができるため、売上を伸ばすことが可能なのです。会社勤めの方は②③の予約が多いでしょうが、①の17時からのコースは1,000円割引やドリンク1杯無料などをつけることで、案外自営業のお客様などから予約をしていただくことができます。

3時間コースをご希望のお客様には〇円以上のコースのご注文をお願いしています、などとルールを作っておけば、仮に長時間じっくりと忘年会をしたいお客様がいらして、客席の回転効率が悪くなったとしても、売上には悪影響を及ぼしませんからね。

何時から何時に予約を受け付けるかを明記する

ご予約いただける時間帯を告知すること以外にもう一つ大切なことが、「お電話での忘年会予約は〇時から〇時の間に承ります」ということを、店頭やWEBサイトなどに明記しておくことです。予約をされようとしているお客様の一番のストレスは、「飲食店には何時に電話をしたら迷惑にならないだろうか?」ということを考えることです。お昼や夜は忙しいだろうからと15時頃に電話をかけてみたら誰も出ない。では仕事終わりの19時頃にかけてみたら、忙しいのにかけてくるな、というニュアンスがバリバリ出ていて、不愉快になった、などの不満はよく耳にします

「忘年会・ご宴会のご予約は、15時から17時ころ、もしくは21時以降にお電話をかけていただけますと助かります」などと明記をしておくことで、お客様にストレスを感じさせることなく、スムーズにご予約を承ることが可能となります。

店舗までの道順をしっかりとお伝えする

また、忘年会シーズンに一番困ることが、「お客様が揃わないので宴会がスタートできない」ということです。お店の近くにまで来られているのに、お客様が道に迷ってしまうケースも多くあります。

これを防ぐために、店舗の地図、最寄駅や目立つ建物からの道順、電話番号などをしっかりと明記してWEBサイトにアップしたり、店頭でご予約してくださったお客様にはご参加人数分の地図コピーをお渡しするなど、対策を施しましょう。ドタキャンを無くすためにも、ご予約時に必ずお客様の電話番号をお聞きして、ご了承をいただいた上で3日前などにご確認電話を入れることも効果的です。

忘年会シーズンは1年で一番の書き入れ時。お客様に満足いただける料理とサービスを提供しながらも、お店の売上と利益を確保できるよう、しっかりとルールを決め、お客様にもご協力いただくようにしていきましょう。

料理の提供が遅くなるとお客様が時間通りに席を空けてくださらなくなるので、早めの仕込みを意識して、忘年会がスタートしたと同時にテンポよく料理を提供できるように、心掛けてみてください。

  • 飲食店経営コラム
  • 無料お役立ち資料
  1. HOME
  2. 飲食店経営コラム
  3. お客様数のアップ
  4. 飲食店の「予約受付時間帯」を調整して売上アップ
PAGETOP