1. HOME
  2. 飲食店経営コラム
  3. 販促・キャンペーン
  4. 春の歓送迎会シーズンに予約を獲得するためのポイント
  • 販促・キャンペーン

春の歓送迎会シーズンに予約を獲得するためのポイント

訴求ポイントは幹事さんの視点で考える

春の歓送迎会シーズンは飲食店にとって忘年会や新年会と勝るとも劣らないビジネスチャンスですね。今回は、歓送迎会を仕切る「幹事さん」がどのような切り口で予約するお店を探し出すのか、という視点から見ていきましょう。

まず、我々が意識すべきことは、「宴会を仕切る幹事さんは複数のお店を比較している」という点です。歓送迎会の幹事になった方は、まずはフリーペーパーやネットなどを使って、「数多くのお店の中から、これはないな、というお店を切り捨てる」ということから始めます。切り口はいろいろとありますが、

①コースの金額 
②料理内容 
③飲み放題の有無 
④予約する人数 

などが頭に浮かぶのではないでし ょうか?この切り口に合わなければ、最初の時点で切り捨てられてしまうのです。チラシや看板、ネット掲載情報などに、これらが「わかりやすく」書いてあるかを確認してみてください。

次に、「こだわり」を考慮します。

⑤個室でゆっくりしたい 
⑥女子だけしかいないから、量より質を重視したい 
⑦主役がスパークリングワイン好きなので、飲み放題にスパークリングワインを入れてほしい

など、こだわりを持っているお客様に、「わが店はしっかりとお応えできますよ。チラシやネットに載っていない内容も相談してみてくださいね。できる限り対応いたします!」ということをしっかりと伝えておきましょう。画一的な対応しかしてくれないのではなく、この店は少し相談ができそうだ、となると、問合せにつながりやすくなります。

最後に大切なのは、幹事さんが気が付いていないかもしれないが、歓送迎会の予約時に重要なポイントをお伝えすることです。幹事さんにとって最もつらいのが「初めて行く店なんだから、もう少し分かりやすいところ、行きやすいところを予約してよ」とメンバーからクレームを言われてしまうことです。

また、特に歓送迎会は忘年会・新年会と違い「主役」がいますので、時間通りに宴会をスタートできないと、主役に失礼になってしまいます。「当店は駅直結ビル9Fなので、改札口から60秒で到着。忙しい企業戦士のみなさんにも集まっていただきやすい場所です!」「ご来店のお客様で迷う人はほとんどいらっしゃいません。時間通りに宴会をスタートできます」という「ウリ」を載せておけば、幹事さんの心に響くに違いありません。

さらに「歓送迎会は当店にお任せください。追加料金なしで主役の方のお料理を豪華にさせていただきます!」などの訴求をすれば、幹事さんにとって最も満足度を高めなければいけない主役を立ててもらえることを期待して、予約をしてもらいやすくなるでしょう。

コース名もありきたりな「お飲物込5,000円コース」などではなく、「主役を主役に!主役だけお料理豪華プラン」などにするなど、複数のお店を検討している幹事さんの目に留まりやすい名前にすることをおすすめします。

告知はきめ細かく、大胆に

歓送迎会のコースやネーミングが固まったら次は告知です。まずはよく来店されるお客様にきめ細かく告知することから始めましょう。店内に歓送迎会の案内の貼り出しやテーブルに置くことも大切ですが、意外に効果を発揮するのがトイレです。店内の壁やテーブルは、目立つようで、お客様は目の前のお酒と料理、そして話に夢中になっています。

その点、トイレは一人になる貴重な時間。目線がいく場所に案内を貼り出しておけば効果は抜群です。

「おくつろぎのところ、大変申し訳ありません。この場所が、お客様にお伝えしたい内容を一番ゆっくりとお話しできると思いまして・・・・・」

などのように、単なるチラシ風にするのではなく、お手紙風にして書くと、より読み込んでいただけます。

またお帰りの際にも一声、歓送迎会のことをアピールし、チラシを手渡すようにしておきましょう。「このチラシを持参のグループの方全員にオプションメニューをプレゼント!」といった特典をつけることもお忘れなく。

幹事さんが歓送迎会の店を予約する際には、会社の近くの店をよく知っている人に参考意見を聞いているはずです。そういった人への対策として手を打っておきたいのが店内やトイレ告知です。

さらに歓送迎会シーズン前にやっておきたいのは法人営業です。お店の近くの会社をまわってチラシなどを配っていきましょう。ポスティングよりも、できれば総務の方など、窓口の人に手渡しで配っておきたいものです。

一般的な飛び込み営業は敬遠されがちですが、歓送迎会の案内を手渡されることに嫌悪感を持たれることはそんなにありません。「歓送迎会の際にはよろしくお願いします!」と爽やかにアピールするだけで印象が違ってきます。

実際に手渡すことで歓送迎会に注ぐお店側の熱意も伝えることができます。
もちろん、手渡しした人とお店を決める人は別でしょうが、「このチラシ、わざわざお店の人が持ってきたけれど感じがよかったわよ」と受け取った人が幹事さんに営業してくれるケースも少なくはありません。

法人営業は大胆に攻めてみましょう。

主役がいるのが歓送迎会の特徴

ところで新年会と歓送迎会の大きな違いは何だと思いますか。

その答えは主役がいるか、いないかです。

忘年会・新年会はみんなで交流を深めて楽しむものですが、歓送迎会には必ず、迎える人や送る人という主役が存在します。そういった人たちに対する配慮があることも歓送迎会のお店として選ばれるポイントになるでしょう。

前述した、「主役がスパークリングワインが好きだから、飲み放題メニューに入れてほしい」などのご要望に対応する準備がありますよ、ということをアピールする、ということです。

「主役を喜ばせられそうだ」と幹事さんに感じてもらうためには、おいしい料理とお酒を出すこと以外に、プラスアルファの企画用意しておき、他店との差別化ポイントを作ることも重要です。

最近では結婚式のムービーさながら、大型プロジェクターで主役たちに関連する画像や動画を映し出せるようにしているお店も増えています。

またデザートに出すケーキ一つにしても主役のお名前やメッセージを書き込むことができればより心のこもった歓送迎会になることでしょう。

20名以上でのご予約の場合、「○○さま38年間お疲れ様でした」「祝!2016年度ご入社」などの横断幕も無料でご用意します、とすれば、幹事さんがあなたのお店を予約しない理由はなくなっていくはずです。

幹事さんが望んでいるのは、主役に喜んでもらうことと、参加者から「いい歓送迎会だったね」と言われることです。

歓送迎会予約獲得のアピールポイントを、お店側がアピールしたい食事やお酒に絞り込むのではなく、幹事さんがお店を選ぶ際に重要視する内容に絞り込むことで、競合他店に勝つことができるようになるのです。

  • 飲食店経営コラム
  • 無料お役立ち資料
PAGETOP