1. HOME
  2. 飲食店経営コラム
  3. 開業までの流れとポイント
  4. 新品なんて勿体無い。厨房やその他設備は中古品を狙え
  • 開業までの流れとポイント

新品なんて勿体無い。厨房やその他設備は中古品を狙え

開業時はとにかくコストダウンに心掛ける

別コラムでも書きましたが、飲食店の開業時には物件取得費、内外装費、厨房設備費、その他設備費、販促費など、非常に多くのお金が必要となります。

この内物件取得費などは、なかなか安く済ませることは難しいのですが、厨房やその他の設備費用は、比較的コストダウンをしやすい項目と言えます。

 

とにかく飲食店は開業後に売上が安定的に立つようになるまでの期間は耐え続けなくてはならないため、開業費用は極力抑え、運転資金に回すことをお勧めします。
その視点では、「厨房やその他設備費はとにかく中古品を狙う」べきでしょう。

「飲食店 厨房機器 中古」などとインターネットで検索してみてください。
びっくりするぐらい多くの中古厨房機器屋さんがヒットすることと思います。

これから飲食店を開業しようと夢見ている段階の方には大変申し訳ない話ですが、飲食店では毎年多くの店が開業している一方、多くの店が廃業に追い込まれています。
これらの中古厨房機器屋さんは、廃業された飲食店から安く厨房機器を仕上げ、修理や磨きを入れた上で、中古品として販売しています。


「他人が使った冷蔵庫なんてなんかいやだな」などと感じられるかもしれませんが、びっくりするくらいコンディションの良い掘り出し物なども見つけられますので、根気よく探し続けてください。

中古品を買うことのメリットは、何よりも安いことです。

飲食店の厨房機器の中では特に冷蔵庫や恒温高湿庫、食器洗浄機やフライヤーなどの金額が高くつきますが、これらでも新品で100万円程度するものが、中古品で20万円から30万円程度で入手できることもザラです。

「なんかイヤ」という感覚はあえて封印し、開業する飲食店を成功させるために、とにかく設備品は中古を狙い、コストダウンに務めましょう。

特に食器洗浄機などは、バッシングをして洗浄機にかけるだけで洗い物が仕上がるため、混雑している時間帯には非常に重宝します。
開業当初は人を多く雇う余裕もなく、1人で接客から調理、料理提供、お会計までこなそうと意気込んでいるオーナーも多いでしょうが、この食洗機君は良いパートナーとなってくれるはずです。

店舗でどのような形状・種類の食器を使うことが多いのか、その食器洗浄に適しているのはどのような機種なのか、などをしっかり見極めましょう。

また、購入前にしっかりと店舗厨房の採寸をしておき、導線もイメージしておかないと、食洗機が邪魔で調理がしづらい、などの問題も起きてしまいます。このあたりは出来れば飲食店経営者の方からアドバイスをもらわれることをお勧めします。

 

居抜き物件の場合は要注意

逆に、居抜き物件で飲食店を開業しようとされている方が注意すべきポイントが、「店舗に既に設置してある設備がしっかりと稼働するかどうか」です。

造作譲渡代を支払い、「中古でそろえるよりもかなり安く仕上がった!」と喜んでいるのも束の間、いざ通電をしてみると設備がしっかりと動かなかった、というトラブルもよくあります。

通電するか、スイッチが入るかなどだけでなく、実際に各設備を稼働させてみて、営業時に使う際に問題がないかを確認してください。

見落としがちなのが空調や排煙機器です。夏に居抜き物件を見に行ってクーラーを付けたら稼働したが、暖房は効かなかった、などのケースもあります。お気を付け下さい。

飲食店を廃業してしまったオーナーはよく、「運転資金が底をついてしまった。もう少し開業時にコストダウンをして、その分を運転資金に回していれば・・・開業前の自分は夢ばかり見ていて甘かったな・・・」と嘆かれます。

このような失敗の二の轍を踏まないためにも、開業時には設備関連は中古で安く済ますなどの工夫をしてみてください。

面倒な単純事務作業はクラウドで省力化

  • 飲食店経営コラム
  • 無料お役立ち資料
PAGETOP