• 飲食店インデックス指標

飲食店開業時の売上シミュレーションは必須

飲食店開業前にしっかりとシミュレーションを行う

飲食店をこれから開業することが決定した人は、「あぁ、長い間夢にまで見た自分の店をこれでやっと開業できるのだな」と感慨深いものがあることでしょう。
しかしながら、日本において開業した飲食店の7割近くが、開業からたった2年以内に廃業してしまう、というデータもあるようです。
たったの2年間、24か月で廃業してしまう(お店をたたんでしまう)ということは、恐らくその半年程度前から店舗経営に見切りを付けざるを得ないくらい、売上・利益が低迷していたことでしょう。

せっかく「夢にまで見た」飲食店をオープンするのに、開業からたった18ヶ月程度で「我が子」に見切りを付けなければならなくなってしまっては、元も子もありません。
廃業となると、開業までに費やした労力と借り入れた開業資金がすべて消えていき、あなたには借金しか残らないかもしれません。

そうならないためにも、飲食店を開業する前には、しっかりと「自分が経営しようとしている飲食店の業態では、どれくらいの売上や客数が期待できるのだろうか?というデータをしっかりと見ておくことが重要だと言えます。

飲食店の売上の公式は、
売上=客数×客単価 
です。(飲食店の基本指標についての考え方はこちら

実際の飲食店データを確認してみよう

もちろん、開業する飲食店の各種条件によって数値は変わってきますが、主要5業態の平均店のデータをご紹介しますので、ご自身が開業される際にご参照ください。
(ご紹介するデータは2015年の日本の飲食店の実績数値から算出しています。)

業態:ラーメン

売上(日) 176,315
客数(日) 179
客単価 985
組数(日) 117
組人数 1.5
組単価 1,507

業態:居酒屋

売上(日) 127,755
客数(日) 45
客単価 2,839
組数(日) 19
組人数 2.4
組単価 6,724

業態:焼肉

売上(日) 152,064
客数(日) 44
客単価 3,456
組数(日) 22
組人数 2.0
組単価 6,912

業態:カフェ

売上(日) 108,234
客数(日) 126
客単価 859
組数(日) 105
組人数 1.2
組単価 1,031

業態:イタリアン

売上(日) 120,780
客数(日) 44
客単価 2,745
組数(日) 18
組人数 2.4
組単価 6,710

 

5つの業態の実績数値をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

居酒屋、イタリアン、焼肉業態がさらに売上を伸ばそうとする場合は、「客数」を、その他の業態が売上を伸ばそうとする場合は「客単価」を伸ばせば良さそうですね。
飲食店を開業する前は、「こんな内装にして、こんな料理をご提供して・・・」と前向きな構想を色々となさるでしょうが、現実的に「客数×客単価」をしっかりと想定しておかなければ、「売上」は見えてきません。
ご自身が出店される予定の業態、立地、坪数、席数、競合の有無、地域特性などを勘案しながら、ぜひしっかりと想定売上を算出してみられることをお勧めします。

こちらのページから、業態ごとの売上シミュレーションをしていただくことができますので、ぜひ試してみて下さい

  • 飲食店経営コラム
  • 無料お役立ち資料
  1. HOME
  2. 飲食店経営コラム
  3. 飲食店インデックス指標
  4. 飲食店開業時の売上シミュレーションは必須
PAGETOP