1. HOME
  2. 飲食店経営コラム
  3. 飲食店インデックス指標
  4. 飲食店の季節別売上傾向を把握しよう
  • 飲食店インデックス指標

飲食店の季節別売上傾向を把握しよう

ニッパチを嫌う飲食店経営者は多い

飲食店経営者ならば、「ニッパチ」は大嫌いだという方も多いでしょう。
一般的に飲食店の月別売上推移を見てみると、2月と8月が最も低くなる、と言われています。
売上が下がってしまう2月と8月を略して「ニッパチ」と呼び、飲食店経営者は嫌っているということです。

年末年始の忘年会新年会で暴飲暴食をして胃が荒れている消費者は、お財布の紐も堅いため、2月は飲食店を使ってくれない、同様に8月はお盆で会社が休みになったり、帰省でお金を使ったりするために、普段使っている飲食店にお客様が来店してくださらない、だから飲食店は暇になると言われています。

・・・でも、「ニッパチ」は売上が下がるというのは本当なのでしょうか?
先に結論をお伝えすると、「多くの飲食業態で2月の売上は低くなる傾向にあるが、逆に8月は他の月よりも売上が高いことが多い」というのが実態です。
「ニッパチ」という表現は売上が芳しくなかった経営者が、自店の改善点に目を向けることなく、季節要因のせいにしている逃げ口上なのではないでしょうか?

ニッパチは売上が下がるのか?

日本各地の飲食店の2015年1月から12月までの月別売上データの季節変動係数を業態別に見てみると、面白い傾向が分かります。

①レストラン業態
・1年間で最も平均売上に近い月は6月
・1月と2月は6月に対して83%しか売上がない。
・もっとも売上が高い月は12月で113%。

②居酒屋業態
・1年間で最も平均売上に近い月は3月と10月
・2月は3月と10月に対して85%しか売上がない。
・もっとも売上が高い月は12月で116%。

③焼肉業態
・1年間で最も平均売上に近い月は4月
・2月は4月に対して88%しか売上がない。
・もっとも売上が高い月は8月で111%。

④ラーメン業態
・1年間で最も平均売上に近い月は7月
・2月は7月に対して87%しか売上がない。
・もっとも売上が高い月は12月で106%。

⑤焼鳥業態
・1年間で最も平均売上に近い月は10月
・2月は10月に対して91%しか売上がない。
・もっとも売上が高い月は12月で112%。

 

業態 売上
最低月 最高月
レストラン 1月・2月 12月
居酒屋 2月 12月
焼肉 2月 8月
ラーメン 2月 12月
焼鳥 2月 12月

 

つまり、実績データから見てみると、飲食店経営者が嫌うべきはニッパチではなく、ニガツなのですね。
逆に、「12月は焼肉以外の4業態において年間で最も売上が上がる月」という事実は、なんとなく想像できていたとはいえ改めてデータでみると面白いですね。
全業態の平均でも、12月は平均月の111%の売上があります。
この111%はあくまでも平均ですから、企業や団体からの忘年会予約をうまく獲得し、売上を着実に伸ばしている店舗は、平均月に対して150%程度の売上を確保しているかもしれません。

年間の販促カレンダーを作成する

ちなみにニッパチと言われている8月は、全業態の平均で、平常月よりも107%の売上がありました。
実は、8月は売上が落ちるどころか、飲食店にとって書き入れ月の1つだったのですね。

では、飲食店において、稼げる月とそうでない月の差を出来るだけ無くして、毎月コンスタントに売上を獲得するためにはいったいどのようなことをしたら良いのでしょうか?
そのヒントの1つが、「年間販促カレンダーを作成する」ということです。

例えば、1月は新年会、3月4月は歓送迎会、年末はクリスマスと忘年会があって・・・という季節ごとのイベントはすぐに頭に思い浮かぶでしょうが、それだけでは競合他店には勝てません。
さらにそこに、「店舗がある〇〇町会のお祭りの日」「近隣大手企業〇〇のボーナスが出る日」「市内の大型ホールでピアノの発表会がある日」まで、自店がある地域ならではのイベントをしっかりと把握して、そのイベントに集まるお客様が自店を使っていただけるように、事前にチラシを撒いて、SNSで告知をしていく、ということが必要になります。

この販促カレンダーを作成して、徹底的に集客に活かしている店では、なんと近隣市役所における「年金支給日」までしっかりと把握して、おじいちゃん・おばあちゃん向けのイベントを開催しています。

ニッパチでは飲食店は儲からない、というのは事実ではありませんでした。
ぜひ、自店のオリジナル販促カレンダーを作成し、「自店独自のイベント」を展開して毎月の売上アップにつなげてみてくださいね。

  • 飲食店経営コラム
  • 無料お役立ち資料
PAGETOP