1. HOME
  2. 飲食店経営コラム
  3. スタッフの採用・教育
  4. 飲食店の求人にはネット媒体とPOPをフル活用する
  • スタッフの採用・教育

飲食店の求人にはネット媒体とPOPをフル活用する

まずは店舗の「ウリ」を明確にする

こちらのコラムにも書きましたが、飲食店で働くスタッフにヒアリングをすると、店舗や仕事に対して「時給以外の魅力」を感じてくれていることが多いようです。

売り手市場となっている飲食店業界において、新規スタッフを採用するのはなかなか難しくなってきていますが、あなたのお店ではその「時給以外の魅力」をしっかりと
募集時に打ち出せていますでしょうか?

「新規スタッフ募集。時給は950円~1,100円。備考:18歳以上」こんな必要最低限の情報しか載せていない募集広告では、新しいスタッフからの応募はほとんどないことでしょう。
スタッフ募集の競合は、飲食店だけではありません。アパレルからコンビニ、歯医者さんの受付まで、スタッフ候補の人は「どこで働くと時給はいくらで、自分にとってどんなメリットがあるのだろうか?」という視点でアンテナを張っています。
そのアンテナにしっかりとキャッチしてもらうためには、「店舗のウリ=自店で働いてもらうことのスタッフのメリットは何か」ということを、しっかりと分析することから始めましょう。

募集の手段を検討する

スタッフ募集における自店のウリがはっきりしたら、次はその募集広告を載せる媒体を検討します。
募集広告費をあまりかけられないお店は、求人媒体に有料広告を出すことは難しいでしょうから、「A:成功報酬型のインターネット広告」と「B:店頭に貼り出すPOP」の2種類を使うことをおすすめします。

A:成功報酬型のインターネット広告とは、
①インターネット上へのスタッフ募集広告掲載は無料
②スタッフの入店が決定し、労働実績があった段階でその媒体へ成功報酬を支払えば良い
というスタイルのものです。
このスタイルでしたら、初期費用に数十万円かけて募集広告を出して、採用が1人もできなかった、などの広告のムダうちを無くすことができます。
採用が実現した際の成功報酬費用は業態やエリアによって違いますが、概ね初期費用0円、採用1名あたり3万円程度というのが相場です。
インターネットで「飲食店 採用 成功報酬」などと検索すれば多数のサービスを比較できますので、ぜひ調べてみてください。

成功報酬型募集広告と並んで有効なのが、「B:飲食店の店頭に募集POPを貼り出す」ことです。
当たり前のことですが、スタッフとして働いてくれる可能性のある人は、あなたのお店に通える場所に住んでいるか、通学などで近隣に頻度が高く来ている人です。
そのスタッフ候補の人に対して、「うちの店で働くとどんなに良いことがあるのか」をしっかりと訴求していきましょう。

メリットをターゲットごとに打ち出す

スタッフ募集POPには、先ほどの例のように「新規スタッフ募集。時給は950円~1,100円。備考:18歳以上」とだけ書くのではなく、当店で働くことのメリットや魅力をしっかりと打ち出しておくべきです。
例えば近隣の大学に通う学生さんを募集したい時には、「月〇時間以上シフトインの場合交通費は1万円/月まで支給!定期を使えば時給100円~150円以上アップの計算になりますよ!」
近隣の主婦を募集する際には、「お子さんが学校に行っているランチ時間に働くだけでマンションのローンが払えるかもしれません!」
など、POPを読んだスタッフ候補の人が「え、それホント?」と思わず足を止めてしまいたくなるようなメリットを出すべきです。

もちろん、外国人労働者を募集する際にはその旨をPOPに英語で書いておきましょう。

POPのデザインは大事

でも、スタッフ募集用のPOPを作成しましょう、と急に言われてもなかなかカッコいいデザインはできないですよね。
そんな時は、ゼロから自分で作成するのではなく、プロが作成したPOPのテンプレートを活用してしまいましょう。

こちらでご紹介しているPOPサービスでは、人材募集用のPOPテンプレートも各業態に合いやすいようにご用意しております。
ぜひあなたのお店の「ウリ」をスタッフ候補に訴求してみてくださいね。

各種POPを計10枚、無料で、簡単に、手早く、鮮やかに作れます

PAGETOP