• 経営・分析

後悔しないレジ選びとは?

レジはどんなものを選んだら良いの?

飲食店にレジがあるとお店のお金の管理には大変便利ですね。でも、一言とレジと言っても、高いものから安いものまで色々なものがあります。
小売店と違って、飲食店ではお客の行列をさばくために、どんどん高速に処理する必要はありませんので、高級なPOSは不要でしょう。ではどういう基準で選べばよいのでしょうか?

お店の業態やニーズによって適切なレジは様々ですが、「ある程度の品数がある飲食店」を想定してレジ選びのポイントを述べてみます。

タッチパネル型レジを導入するメリット

お客様が召し上がった商品の総額を計算してお金をドロアーに入れたり、お釣りを渡すだけならば、安いものでも十分です。では安いレジと高いレジでは何が違うのでしょうか?
高いレジは、客数・客層、客単価、売れ筋、時間帯別、部門別などを集計して振り返る場合に便利な機能を持っています。
一方安いレジは、部門(予め決めた商品のグループのこと)と単価を手で入力して精算をしますので、どの商品が売れたか?客数や客層はどうだったかなどの情報が入りません。

少し価格帯が上がりますが、タッチ式レジを導入すれば商品単品をタッチして入力することができるので、どの商品がいつ売れたか?を把握しやすくなります。
また会計のときに客層や客数を入力すればこれらの情報と一体となって保管されます。金額を手で打たないので打ち間違いも減り、レシートにも商品名が印刷されるのでお客様の控えとしての価値も上がります。
この他に、セット組での割引や精算時の別々会計、仮締め登録によるテーブルでのお支払への対応,など、現場では様々なことがありますので、バイトでも計算間違いをしづらいタッチパネル型レジVX-10をお使いになることをおすすめします。

HANJO REGIの具体的な使い方はこちら

自分でレジの設定はできますか?

外部の業者さんにレジの設置設定を頼むと7万円程度の費用がかかります。これがレジ本体の値段に加算されます。
初回だから仕方がないと思われるかもしれませんが、飲食店ではメニューを追加した、価格を改訂した、セット組を行ったなど、近隣店やお客様の反応をみて、色々な施策を打つ必要があります。
価格を少し改訂するたびに、その都度外部の業者さんを予約して設定をしに来てもらっていては、迅速な対応が取りづらくなります。

タッチパネル型レジVX-10を使えば、最初は少し苦労するかもしれませんが、慣れればこれらの設定作業をご自身で行えますので、変化に迅速に対応できるお店つくりが可能となります。
VX-10にはセルフセットアップをやりやすくする各種工夫がしてありますので、、チャレンジしてみようと思われた方はぜひ内容をチェックしてみてください!

HANJO REGIの具体的な使い方はこちら

その他のポイントは?

レジというのは、ご来店してくださったお客様が最後に接する場所で、主役を務める機器となります。気持ちよくお帰りいただくための気遣いとして、お店の設置スペースや雰囲気に合うモデルを選ばれるべきでしょう。
また、一度導入をすればすぐに買い換えるものではないので、価格よりも、機能やデザインで選ばれるといいと思います。

  • 飲食店経営コラム
  • 無料お役立ち資料
  1. HOME
  2. 飲食店経営コラム
  3. 経営・分析
  4. 後悔しないレジ選びとは?
PAGETOP