1. HOME
  2. 業態別 飲食店経営コラム
  3. コストの削減・コントロール
  4. 飲食店がキャベツや玉ねぎを半額で仕入れられる方法とは?
  • コストの削減・コントロール

飲食店がキャベツや玉ねぎを半額で仕入れられる方法とは?

野菜は農家から直接仕入れる時代に突入した

飲食店、特に野菜を多く使う業態の経営者は、食材仕入れ価格の高騰に頭を悩ませていることでしょう。数年前まではスーパーでキャベツ1玉を150円程度で買えたのに、今では300円を切っていれば安いと感じるようになってしまいましたからね。

 

飲食店経営において野菜の仕入れ原価を下げることは最終利益に直結します。
では、野菜の仕入れ価格が高騰している今でも、野菜を半額程度で仕入れられる方法があるとしたら、聞いてみられたいでしょうか?


キャベツなどの野菜を安く仕入れるためのポイント、その結論としては、「農家から直接仕入れる」ことです。

「そんなこと言っても、野菜の直売所も近くにないし、農家に知り合いなんていないから無理ですよ」とおっしゃらないでください。

 

今はインターネットを使って、個人経営の飲食店でも、農家から直接野菜を購入することが出来るのです。


非常に便利なWEBサイトの1つに、「ツナグ」という飲食店と農家のマッチングサイトがあります。

このサイトは、従来の売り手(農家)が商品を並べておき、買い手(飲食店)がその商品の中から買うものを見つけるスタイルのショッピングモール型サイトと違い、飲食店側が欲しい農作物を「リクエスト」すると、そのリクエストに農家側が応えてくれる、という新しいタイプのリクエスト型サイトです。


例えば、パクチー料理専門店を新規オープンする方がいらしたとしましょう。

もちろん、専門店となると月に100kg程度のパクチー使用量が見込まれます。この量を、店舗近隣のスーパーで仕入れていては、とてもじゃありませんが、採算が合いそうにないですよね。


そこで、ツナグに「パクチー専門店開業予定!パクチーを毎月100kg程度定期的に送ってくれる農家さん募集」というリクエストをかければ、全国のパクチー栽培農家さんが手を上げてくれる、という流れです。


もちろん、あめ色玉ねぎを作るために大量の玉ねぎを必要としているカレー屋さんや、付け合せにキャベツの千切りを出しているとんかつ屋さんなどでも、それぞれ欲しい野菜の種類と数量をリクエストすれば、全国32,000戸の農家さんが応えてくれるのです。

飲食店側は購入費用の10%分を手数料としてツナグに支払う必要がありますが、その手数料を支払っても、スーパーから野菜を仕入れるよりはるかに安く仕入れを行うことができるでしょう。


からくりを少しご説明しましょう。

実は、農家がキャベツ1玉をJAに出荷する際には75円程度/玉しかもらえません。その75円にJA・市場関係者・販売者の利益や物流コストなどが乗り、最終的にスーパーなどで売られる際には、1玉300円程度になってしまうのです。


75円+(各関係者の利益+物流コスト)=300円


ツナグは、この中間マージンを全部カットすることができるので、飲食店がキャベツ1玉を150円程度で仕入れることが可能になる、ということです。

でも、ご安心ください。農家にとっても、出荷価格が従来の1.5倍~2倍になっているので、仮に物流コストを折半したとしても、双方にとってメリットがあるのです。


農家の出荷価格は75円から150円に⇒同じキャベツが2倍の金額で売れる!
飲食店の購入価格は300円が150円に⇒同じキャベツを50%引きで買える!

 

面白いですよね。売り手・買い手がそれぞれ取引額の10%をツナグに手数料として支払っても、メリットだらけです。飲食店側が150円/玉で農家と契約をした場合、手数料は15円ですから165円/玉で仕入れられるようになるのです。

飲食店経営は、日々原価との戦いです。お客様に提供する料理の品質を落とすことなく、仕入れ原価を下げることができる仕組みを使わない手はないですよね。


PAGETOP