1. HOME
  2. 業態別 飲食店経営コラム
  3. 販促・キャンペーン
  4. どうやったら「インスタ映え」するのかを徹底的に考えよう
  • 販促・キャンペーン

どうやったら「インスタ映え」するのかを徹底的に考えよう

お客様は「インスタグラムにアップするネタ」が欲しい

「インスタグラム」というSNSをご存知でしょうか?飲食店経営者で知らない方は、ピンチと言えます。今すぐ検索してみてください。

少し前まで、SNSと言えばTwitterやFacebookが主流でした。もちろん、今も両者を使っている方は多いのですが、最近、特に若い方たちは「Instagram(インスタグラム)」を好んで使うようになっています。

 

「インスタ」は写真がメインのSNSで、説明「文」はつけずに、投稿者はハッシュタグによって簡単な説明単語を並べ、写真をアップするのが特長です。面倒くさい説明が無いため、インスタユーザーは、他の方が投稿した写真を見て、直感的に「良いね」「楽しそうだね」などと感じていきます。最近ではstoriesという、24時間でアップした動画が消える動画投稿機能も流行ってきています。

まずはお客様に「投稿するネタ」を提供する

飲食店経営者の方には、ぜひこのインスタの活用術を身に着けていただきたいのです。とは言っても、「自店でアカウントを作って、日々自店の写真を投稿し続けましょう」ということではありません。もちろん、これはこれでやってみていただきたいのですが、今日は「お客様がインスタに写真を投稿しやすいようにサポートをする」ということを徹底するべき、ということをお伝えします。

 

インスタユーザーは、日々「何か面白い、インパクトのある写真や動画を投稿したいな」とネタを探しています。そんなインスタユーザーには「インスタ映えする=思わず写真を撮りたくなるようなネタ」を提供すると共に、なんというハッシュタグを付けたら良いのか、をさりげなく伝えてあげたら良いのです。

 

なんか難しそうに聞こえるでしょうが、そんなことはありません。思ったより簡単なことです。例えば、あなたのお店のウリが焼き餃子だとしましょう。店側が何も解説をせずにお客様に餃子を提供したら、普通は小皿に醤油と酢、ラー油を入れて餃子を召し上がりますよね?この場合は、「インスタ映え」しないため、投稿は期待できません。

 

でも、店内に「おいしい焼き餃子の食べ方」を貼っておいたらいかがでしょうか?

①当店の焼き餃子は、皮と餡に特製の調味料を使っていますので、そのままでも美味しく召し上がれます。1つ目は何もつけずに食べてみてください。
②もし味変をしたい場合には、小皿に少し多めに酢を入れ、かなり多めの黒こしょうを入れてください
③箸で皮に少し穴をあけるか、一口餃子をかじってから酢に餃子をつけて召し上がれば、新しい世界が開けるはずです

などのように、出来れば写真付きで「おいしい焼き餃子の食べ方」を店内に貼ったり、卓上POPで解説しておくのです。こうすることでお客様は、そのPOPを写真に撮り、黒こしょうがタップリ入った酢と焼き餃子の写真をインスタにアップしてくれます。

 

ポイントは、POPの中にさりげなく、#餃子食堂、#焼き餃子には酢、#初めての食べ方など、どんなハッシュタグ(#)をつけたら良いか(つけてほしいか)を入れておくことです。こうすることでお客様は、投稿してくださりやすくなります。

バズ(口コミ)を狙うのならば、このハッシュタグに#餃子の黒こしょう酢プール などのようにキャッチコピー的なものを混ぜておくのも良いですね。

 

また、例えば小龍包用の通常よりもふたまわりほど大きなレンゲを用意して、そのレンゲ上で餃子に調味料をかけてもらう、などの準備をすれば、お客様はそれだけでインスタにアップしてくれるでしょう。この場合は #小龍包用の極大レンゲ と書いておけば、ネタ提供になりますね。

 

SNS対策などと言うと、難しく聞こえるかもしれませんが、基本はシンプルです。お客様は「こんなの初めて」「他の人があまり投稿していないだろうから、アップしたらウケるかも」と思えるネタを探しているので、そのネタを提供してあげるだけです。

 

さあ、今すぐインスタグラムを開いて、どんな飲食店の写真や動画が投稿されているか、ハッシュタグにはどんなものがあるのかを調べてみましょう!

各種POPを計10枚、無料で、簡単に、手早く、鮮やかに作れます

PAGETOP