1. HOME
  2. 業態別 飲食店経営コラム
  3. 開業までの流れとポイント
  4. 飲食店のプレオープンは、知り合いに有料で集まってもらう
  • 開業までの流れとポイント

飲食店のプレオープンは、知り合いに有料で集まってもらう

「有料定額」で楽しんでもらい、忌憚なき意見をもらう

飲食店を初めて開業する方は、「1日でも早くオープンして、売上・利益を獲得していきたい」という思いから、下手するとプレオープン期間も設けずに、グランドオープンを迎えてしまいます。

 

でも、はやる気持ちはぐっと抑えて、ぜひ「知り合いに有料・定額で集まってもらうプレオープン」を実施して、その知り合いにとことんダメ出しをしてもらうようにしてください。

 

知り合いではなく、いきなり一般のお客様を相手にサービスを提供すると、間違いなくお客様に迷惑をおかけしてしまい、クレームにつながります。今はSNSがありますので、そのお客様の再来店が見込めないだけでなく、「あの店は最悪だ。絶対に行かないほうが良い」という投稿をSNSにされてしまい、来店予定だったお客様も、お越しいただけなくなってしまいます。

 

このような状態を作らないためにも、プレオープンは

1)時期を2期間に分けて
2)知り合いのみをお呼びして
3)有料・定額で食事とお酒を楽しんでいただき
4)食後にはあえてダメ出しをしてもらう

ということを徹底して行って下さい

 

1)期間を2つに分けるのは、最初の期間で受けたダメ出しを、第二期間までの間に軌道修正することができるからです。
プレオープンを3日間連続で展開するなどをすると、スタッフの「慣れ」にはつながりますが、軌道修正をする間がないため、グランドオープンまでに修正が間に合いません。

 

2)知り合いのみをお呼びする理由は、とにかく厳しく・本音の意見をお客様に言っていただくためです。知り合いだからこそ、本音でダメ出しをしてもらえます。来店と同時に、「今日はあえて厳しいダメ出しをしてもらいたい。その視点で食事とお酒を楽しんでほしい」ということを明確に伝えておきましょう。

 

3)有料・定額で楽しんでいただく理由は、無料だと遠慮をして本音のダメ出しをしてくれなくなってしまうからです。有料だけど、その金額で好きなものを何でも頼んで良いということになれば、お客様は好きなものを頼み、楽しみ、そして本音のダメ出しをしてくれるのです。

 

4)食後のダメ出しは、できればお客様が意見をまとめやすいように簡単なフォーマットを用意しておけば良いでしょう。
フォーマットといっても難しいものは必要ありません。

<食事>
良いメニューとその理由・・・
改善すべきメニューとポイント

<飲み物>
良いメニューとその理由・・・
改善すべきメニューとポイント

<その他店について>

 

という程度のものを用意して、オーナーや店長がお客様に本音をお聞きしていけば良いのです。

新規オープン時は、オープン景気で多くのお客様がご来店してくださります。でもそのオープン景気を自店の実力と過信・勘違いをして天狗になってしまい、本当にお客様が自店に対してどのように感じているのか、ということを把握することなく営業を続けてしまうと、すぐに客足が遠のいてしまいます。

 

すぐにオープンしたい気持ちはぐっと抑えて、知り合いだけを定額・有料でお招きするプレオープンをしっかりと実施して、グランドオープンに備えてくださいね。

レジを手掛けて40年。飲食店様への想いを形にしました

PAGETOP