1. HOME
  2. 飲食店経営ノウハウコラム
  3. 売上金を安全に管理するためには?ATM入金サービス『金庫がわりクン』
  • 利益アップ・コスト削減

売上金を安全に管理するためには?
ATM入金サービス『金庫がわりクン』

経営者は日々の売上金管理が気になる

売上金管理

飲食店では、1日の営業が終わった後は正式にレジを締めて、現金在高(ありだか:レジに入っている現金)を確認して、レジの数字と現金が合うかを確認して、明日の営業用の釣銭を準備して、金庫に入れるお金を袋に入れて・・・という一連の「レジ締め作業」を行います。

この売上金の管理方法は、店内レジへの保管や夜間金庫への保管など手段は様々です。

「自宅で保管」、「店内金庫保管」「銀行ATM入金」「レジ保管」等、多くの店舗では、自宅や店舗で売上金を保管しているのが現状です。

セキュリティ面での不安

その後、チェーン店の場合は本部への報告用日報の作成、個人店の場合は当日の営業分析等、経営戦略の時間が必要となります。

この為、「レジ保管でレジごと盗難にあった」、「内引きでスタッフに現金を持っていかれた」等のトラブルを回避し不安を解消して、経営者の戦略的時間を確保するため、日々の売上金管理は重要な課題です。

ローソン銀行の「売上金入金サービス」の魅力

ローソン銀行ATMは、法人向けの入金サービス「金庫がわりクン」サービスをスタート。

飲食業やサービス業を営む法人企業の「閉店後すぐに入金したい」というニーズに対応したサービスです。
ローソン銀行の法人用口座と紐づく入金カードを作り、お店の売上金などをローソン銀行ATMに入金、法人口座で管理できます。
入金専用のカードを使うため、スタッフによる不正な資金の引き出しなどの心配を解決。
売上管理クラウドと併用する事で、毎日の営業売上と入金額と突き合わせし、店舗運営・売上金管理の意識醸成・予防けん制効果も期待できます。
『金庫がわりクン』では、口座開設とあわせて「入金専用」のカードを2枚発行。全国のローソン銀行ATMに24時間365日入金できます。ATMに入金した資金は、ローソン銀行口座に入金され、インターネットバンキングで残高や入金明細が確認できる。一つの口座に紐づく複数の入金専用カードを発行できるため、複数店舗を運営する事業者も売上金を一元管理が可能。
初期費用は入金カード発行にかかる1,100円(税込)×店舗数分。入金手数料コースは3種類用意し、Aコースは入金1回ごとに330円(税込)。Bコースは1日何回でも入金可能で、440円(税込)/日、Cコースは11,000円(税込)/月で、1カ月何回でも入金できる。
紙幣の入金は1回に付き200万円、または209枚まで対応。ATMへの入金は紙幣のみで硬貨には対応していないので、硬貨は「自宅で保管」、「店内金庫保管」等で併用する運用が想定できます。
インターネットバンキングで残高や入金明細が確認できる。一つの口座に紐づく複数の入金専用カードを発行できるため、複数店舗を運営する事業者も売上金を一元管理できます。

コラム人気ランキング

  • 飲食店経営のためのお役立ち資料
  • 飲食店経営のための経営シュミレーション
PAGETOP