1. HOME
  2. 飲食店経営ノウハウコラム
  3. カシオの「ブルレジ」と「ECR+」を活用すれば、確定申告書はあっという間に完成!
  • 事務処理・確定申告

カシオの「ブルレジ」と「ECR+」を活用すれば、確定申告書はあっという間に完成!

レジ

カシオの最新モデルのレジ「ブルレジ」は、お会計の操作など、レジ本体の使い方はこれまでと変わることなく、無料のスマホアプリ「CASIO ECR+」(以下、本コラムでは「ECR+」と表記します)を使ってレジの操作や売上集計を便利に行うことができます。
さらに、個人事業主の方であれば、カシオ製クラウド会計ソフト「HANJO会計」(月額1,078円(税込)申込の翌月末まで無料)をお使いいただくだけで、レジの売上・消費税データなど、集計するには面倒な販売に関する金額を、ECR+によるレジの精算操作を介して直接自動的に仕訳計上することができます。
HANJO会計では、レジの売上以外の仕訳も、スマホで領収書を撮影したり、インターネットバンキングと連携したりすることで手間なく仕訳計上できます。

このコラムでは、ECR+とHANJO会計をお使いになると、どのように確定申告書の作成が可能になるかを、具体的な操作手順も交えてご説明します。

HANJO会計の利用申込(申込の翌月末まで無料)

まずは、HANJO会計の利用申込をしましょう。ECR+で登録されているメールアドレスとパスワードを使うと、HANJOサービスにログインができますので、ログインしてみましょう。ログインページはこちらからアクセスできます。

スマホからアクセスした場合の、HANJOサービスログイン画面イメージ

スマホからアクセスした場合の、HANJOサービスログイン画面イメージ

ログインできたら、HANJOサービスの説明画面を確認し、メニューアイコン(上部にある太線3本が固まったアイコンのこと)を使って、下図のサービスメニュー画面を表示します。

HANJOサービスのメニュー画面イメージ

HANJOサービスのメニュー画面イメージ

メニュー画面で「会計」サービスを選択すると、サービスの申込み画面が新たに表示されますので、「HANJO会計」(個人事業主向けプラン)を選択して「申込む」ボタンを押下します。あとは所定の手続きを画面の指示に従って進めていけば、サービスの申し込みは完了となります。

会計サービスプラン申込み画面イメージ

会計サービスプラン申込み画面イメージ

会計のECR+連携設定

HANJO会計の申込が完了したら、ECR+利用時と同じメールアドレスとパスワードを使ってHANJO会計にログインします。ログインページはこちらからアクセスいただけます。

はじめてアクセスすると、個人事業主(お店)の基本情報登録を行うためのご案内が画面に表示されますので、その案内に沿ってご自身の基本的な情報について登録を進めてください。

完了したら、画面上部の設定ボタンから、 設定  会計  基本 の画面に進み、ECR+との仕訳連携を有効化するチェックボックスをチェック(ON)します。これだけで、以後ECR+でレジの精算を行うと、レジの売上と消費税のデータは自動的に仕訳されるようになります。

設定画面イメージ

設定画面イメージ

ボックスにチェックを入れるだけで終了です。

スマホ用「HANJOアプリ」の追加入手

HANJO会計にレジの売上以外の仕訳を便利に行うために、HANJO会計利用者向けの専用スマホアプリをお手元のスマホに追加インストールしましょう。

ANDROID APP ON Google play App Storeからダウンロード

このアプリをお使いになる際のログインに使用するのも、ECR+利用時と同じメールアドレスとパスワードです。

このアプリを使うと、現金支払をした際に受け取ったレシートや領収書をスマホで撮影するだけで、簡単に仕訳計上を行うことができます。

レシートや領収書はスマホで撮るだけ!大変な取引入力の時間を1/3に!
動画で説明を見る

銀行の通帳内容はインターネットバンキング経由で自動仕訳

HANJO会計では銀行の通帳内容はインターネットバンキングを経由して自動取込できます。通帳を1行1行見ながら仕訳するのと違い、取り込まれた明細を確認するだけなので、仕訳計上の作業を大幅に省けます。日常的にインターネットバンキングをお使いの方はぜひご利用ください。

通帳やカード明細は、自動取込、推測仕訳!
動画で説明を見る

注)HANJO会計では保管されている明細データは全て自動連携されますが、お使いのインターネットバンキングサービスによっては明細データの保管期間が異なりますので、あらかじめご確認ください。

画面のナビゲートに沿って操作すれば申告書が完成

ここまでの手順で、ほとんどの仕訳を全自動に近い形で計上することができます。HANJO会計では、毎年確定申告シーズンになると、その年のルールに則った「確定申告NAVI」が利用できるようになります。家事按分や減価償却といった難しいことも、画面の案内に沿って操作すると完了でき、青色申告決算書や所得税確定申告書などが作成できます。

案内に従って操作するだけで、確定申告書が作成できます

「確定申告NAVI」の画面イメージ

まとめ

以上で、確定申告書の作成が完了です。

他社のサービスでもレジ(アプリ)→クラウド会計ソフトの連携を提供しているサービスもありますが、多くの場合、レジ(アプリ)とクラウド会計ソフトの提供元が異なるため、連携の設定や操作が思っていた以上に煩雑になってしまうケースが見受けられます。
一方で、ブルレジとHANJO会計はどちらもカシオが開発提供しているため、このコラムでご紹介したとおり、レジのデータが確定申告書までスムーズな流れで直結しています。また、レジの売上以外の仕訳も、ほとんどが全自動なので詳細な簿記をお持ちでない方にもお使いいただけます。

つまり、ブルレジをご購入いただいている個人事業主の方であれば、HANJO会計にご加入いただくだけで、非常に安く、しかも驚きの速さ・簡単さで確定申告を終わらせることができるのです。この機会に一度検討してみてはいかがでしょうか。

コラム人気ランキング

  • 飲食店経営のためのお役立ち資料
  • 飲食店経営のための経営シュミレーション
PAGETOP