1. HOME
  2. 業態別 飲食店経営コラム
  3. 居酒屋
  4. 居酒屋で平均来店組人数を増やすためのPOPとは
  • 居酒屋

居酒屋で平均来店組人数を増やすためのPOPとは

居酒屋は平均来店組人数を増やす努力をしよう

飲食店の売上=客数×客単価。この公式はもう頭に入れていただけたかと思います。

この客数を増やすために、通常は「新規客をどう増やすか」「既存客にどう再来店してもらうか」を考えますよね?

でも、もう一つ考えていただきたいのが「1組あたりの来店人数をどう増やすか」についてです。

 

私たち(カシオ計算機100%出資会社:CXDネクスト)の調査では、1ヶ月に1,000万円以上売り上げている居酒屋では、平均来店組人数が2.42人/組なのに対して、月売上が300万円以下の居酒屋では、平均来店組人数が1.92人/組、というデータがあります。

やはり繁盛している居酒屋では、「多くのお客様でワイワイ盛り上がっていただいている」傾向があるようですね。お客様が盛り上がられることで、付随して客単価も4,836円(月商1,000万円以上の居酒屋)に対して3,912円(月商300万円以下の居酒屋)という違いが出ています。

組人数も客単価も違えば、それは売上もグッと変わってきますよね。

組人数を増やすにはPOPを活用しよう

では、具体的に平均来店組人数を増やすためには、どのような「ワザ」があるのでしょうか?

とある居酒屋では

「どうせ飲むなら大人数で楽しみましょう!4名以上でご来店くださったお客様には乾杯ドリンクを無料でご提供いたします。8名以上の場合は、さらにボトルワインを1本プレゼント!」

というPOPを店外・店内のあらゆるところに貼り出して、お客様に訴求をし続けることで大成功を収められました。

 

具体的にはこんな感じのPOPです。

お客様に対して、「多くの人数でご来店くださいね」と正面から依頼をしても、反応はしてくださりません。

そこで、お客様が多人数で来店することのメリットを具体的に考えて、POPで訴求していけば良いのです。

 

事例では「乾杯ドリンクかボトルワイン」をプレゼントとしていますが、特典はお刺身盛り合わせでも、食後のデザートでも、次回お使いいただける割引券でも、何でも結構です。

自店ではどんな特典を提供できるかを具体的に考えてみてください。

高品位で多言語のPOPがクラウドでカンタンに作れます

  • 飲食店経営コラム
  • 無料お役立ち資料
PAGETOP