1. HOME
  2. 業態別 飲食店経営コラム
  3. 販促・キャンペーン
  4. 飲食店が食べログの点数をアップする方法
  • 販促・キャンペーン

飲食店が食べログの点数をアップする方法

今や飲食店経営者が「気にしたくなくてもつい気になってしまう」のが食べログの点数と口コミ内容ですよね?
今回は、「飲食店の工夫と努力により食べログの点数をアップする方法」についてお伝えいたします。

まず、改めて食べログの点数とは何か、を考えてみましょう。これはもちろんご存知の通り、「投稿をしたユーザーが店舗に付けた点数の平均」ですよね。・・・すみません。実はこれがすでに違うのです。

食べログのFAQには「ユーザー影響度を加味してお店ごとの点数が算出される」「食べ歩きの経験が豊富な方の影響力を大きくする」「初めて投稿したユーザーの評価は点数には全く反映されない」と明記されています。

つまり極端な話、知り合いを100名店舗に招き、「全部無料でご馳走するから良い点数で食べログに投稿してよ」という、やらせ行為をしようとしても、その100名が食べログに投稿をしたことが無い場合、全く自店の食べログ点数はアップしない、ということなのです。

なぜ人は飲食店の口コミ投稿を行うのか?

では、自店の点数をアップさせるためには、どうしたら良いのでしょうか?このことを考えるためには、「そもそもなぜ人は飲食店の口コミ投稿を行うのか?」ということについて理解しておかなければなりません。

人が口コミ投稿を行うのには、プラスの要因とマイナスの要因があります。プラスの要因とは、基本的には「自分が行った(見つけた)この飲食店は、おすすめですよ!」ということを、多くの人に知らせたい、アピールしたい、という気持ちです。マイナスの要因とは「自分はこの飲食店に行って失敗しちゃったけど、他の人には失敗してほしくない!」という気持ちです。

自店の口コミ件数が少ない、と嘆いている飲食店経営者は、「お客様にとって、自分の店はプラスでもマイナスでもない、全く記憶に残らないようなお店=投稿する気にならないお店」だと認識してください。もちろん、悪い口コミは投稿されない方がベターですが、「興味を持たれない、投稿すらする気にならない」という意味では、改善の余地があると言えます。

ここまでの流れで、自店の食べログ点数をアップさせるためには、「投稿件数が多い=影響度の高いユーザーに」「この店は食べログにプラスの投稿をしたい!と思わせる」ことができれば良さそうだ、ということをイメージしていただけると思います。

影響度の高いユーザーに自店の口コミを投稿してもらうには?

次に考えるべきは、「では、どうやったら影響度の高いユーザーに自店の口コミを高い点数で投稿してもらえるのか?」という点ですね。

ヒントは「影響度の高いユーザーは投稿件数が多い」ということです。例えば、今、食べログで最も人気のユーザー(レビュアー)は過去に約2,500軒の飲食店に訪問し、直近1週間で5万以上のアクセスがあり、フォロワーが約4,000人もいます。このレビュアーさんはほぼ毎日、飲食店を訪問した際の口コミを食べログに投稿されています。
もうこうなると、「偶然行ったお店の口コミを食べログに投稿する」のではなく、「口コミを投稿するために飲食店を選んで訪問する」という状態になっているはずです。

この行動を続けるには1つ問題があります。そう、「お金」がかかるのです。影響度の高いユーザーは、自分の投稿に「いいね!」が欲しいために、ネットやテレビで話題の店に行きます。でも、高級店に毎日誰かと訪問するわけにはいかないので、「安くて」「コスパが良くて」「写真が撮りやすくて」「1人で行きやすいお店」を探しては訪問し、口コミをするのです。「ディナーだと3,500円もするコースがランチだとお得な1,000円で1人でも食べられるお店」なんて、人気レビュアーの大好物です。

このユーザー行動から、食べログ点数アップのために飲食店側で出来ることを考えると・・・
①1人でも入りやすい店づくり・・・お1人様歓迎という看板の作成や、お1人様メニューを提供する
②お得感の演出・・・ディナーコースを食材の質を落とさずにランチタイムに格安で提供する
③投稿しやすいネタの提供・・・「〇月〇日までの限定メニュー」「〇〇の人だけ限定の特典」などの限定サービスを提供する
④投稿することのメリット提示・・・「食べログに投稿してくれたらトッピング1品無料プレゼント」など、投稿するメリットを訴求する
⑤投稿するためのキーワード提示・・・お店のこだわりや利用食材の特殊性など、「私はこんなことまで知っている」ということをアピール(投稿)しやすいようなキーワードを提示する

ということなどが考えられますね。

『ディナーは高いからちょっと無理、という方はぜひランチタイムにお越しください。同じクオリティのコースをお得な1,000円でご提供します!お1人様でも大歓迎です』
というように「うちの店はこういうお客様に来てほしい!」「こういう点がお客様に喜ばれています!」ということをしっかりとお客様にアピールしていくことこそが、食べログの点数をアップするために必要なことなのです。

自店の食べログ点数をアップしたい方は、ぜひ人気レビュアーの投稿をしっかりと見て、「どんなことが書かれているか、どの点を強調して書いてあるか」を分析してみてください。そのプラスポイントを見ていけば、きっと「じゃあ、自分の店はここをアピールしていけば良さそうだな」というプラスポイントが見えてくるはずですよ。

「LINE@を使ってリピーターを増やすためのノウハウ」は、こちらをご覧ください。

PAGETOP