1. HOME
  2. 飲食店経営ノウハウコラム
  3. あなたのお店は「近くの飲食店」として存在していますか?
  • ネット集客

あなたのお店は「近くの飲食店」として存在していますか?

コロナウイルス

お客様は外出先で飲食店を探される際、以前はスマホで「●●駅 ラーメン」「××駅 焼肉」といったように検索される傾向がありました。しかし、最近は「近くの飲食店」といったように検索されるケースが増えています。

「近くの飲食店」

コロナ以前、お客様は外出先で食事をするために飲食店を検索されるケースが多かったため、外出予定先または訪れている地域と、食べたい料理や業態の組み合わせで飲食店を検索されていました。具体的には

  • 新宿 ラーメン
  • 渋谷 居酒屋
  • 赤坂 焼肉

といったような検索です。そして、このような検索が行われた場合に、自分のお店を確実に表示するようにすることが、飲食店のMEO対策・SEO対策の重要事項でした。

それが、スマホの位置情報を反映した検索精度の高まりに加え、コロナ禍でステイホームとなった関係もあり、最近は「近くの飲食店」というように検索されるケースが増えています。
お客様心理を考えてみると、ステイホーム当初は自炊、スーパーやコンビニの中食を中心に過ごしていたものの飽きてしまい、ちょっと気分展開に外食しようと思ったり、デリバリーより相対的に安価で受け渡しも確実なテイクアウトをまずは探したいと思った場合に、自宅の「近くの飲食店」と、その通り検索していることになります。

ということでぜひお試しいただきたいことがあります。 ご自身のお店で、ご自身のスマホを取り出し「近くの飲食店」と検索してみてください。

検索結果として、地図上にあなたのお店にピンが立っていて、リスト表示上も一番上に表示されたという方はまずは安心してよいのですが、このときほかのお店が表示されたとすればそれは大問題です。なぜなら、今行われた検索で一番近くにある飲食店はあなたのお店だからです。

Googleマイビジネス

万一自分のお店が表示されなかった場合には、次の原因が考えられます。

  • 自分のお店がGoogleに飲食店だと認識されていない
  • 自分のお店の所在地がGoogleに正しく認識されていない

そして、この問題は両方ともGoogleマイビジネスに登録することで解消することができます。登録は無料で行うことができます。

登録の方法は、Googleマイビジネストップページにアクセスし、画面の案内に沿って進めていけば完了となります。特にポイントとなる点を交えた手順の概要は以下の通りです。

  • 1.Googleマイビジネストップページからユーザー登録を行なう
  • 2.「ビジネス名」として店舗名を登録する
  • 3.自店の所在地を正しく登録する
  • 4.自店の業態は「ビジネスカテゴリ」欄に登録する
  • 5.自店の電話番号に加え、ホームページを持っている場合には登録する
  • 6.「オーナー確認」手続きを経て本登録が完了

掲載内容を充実させよう

Googleマイビジネスへの登録が完了すると、GoogleマップやGoogle検索を行った場合に表示されるあなたのお店の情報へ反映されます。ただ、想像してみていただきたいのですが、検索結果として画像や口コミがたくさん掲載されている店と、そうでない店があったとすると、お客様は後者のお店が例え最寄りであったとしても、不安に感じる可能性が高いでしょう。そのため、さらにお店の情報を追加していく必要があります。
ご自身のスマホを取り出し「近くの飲食店」と検索したとき、検索結果として地図上の自分のお店にピンが立っていて、リスト表示上も一番上に表示されたという方も、画像や口コミが少ない場合には掲載内容の充実が必要です。

オーナー確認手続きが完了していると、Googleマイビジネスに写真を追加できるようになります。
お客様による「近くの飲食店」という検索を想像すると、例えば在宅勤務をしていてお昼近くになったとき、スマホを取り出しで検索される際には、食べたい業態や料理を決めていないケースが想定されるので、その時にはっきりと自店のお店の業態が分かり、食欲に訴えられるような写真が必要となります。
なお、お客様にて「今日はこれを食べたい」と明確な場合は「近くのラーメン」「近くのイタリアン」といったように検索内容が具体的になることが想定されるので、やはり、その食欲に応えられるよう、料理写真の充実が必要です。
料理写真の撮影方法のコツについては、別のコラムで詳しく解説しておりますので、よろしければ参考になさってください。

料理写真の掲載ができたら、次はメニューと価格を明確にする必要があります。自店のメニューブックを撮影し、料理写真と一緒に画像として掲載しているケースが散見されます。この方法では、メニューや価格をお客様に伝えることはできているかもしれませんが、Googleは画像からはキーワード情報を抽出することは難しいため、MEO対策・SEO対策という観点では不十分です。メニューと価格と簡潔にまとめたウェブページを1枚作りましょう。
作成方法ですが、Googleマイビジネスに登録すると、無料でホームページも作ることができます。複数のテンプレートがあらかじめ用意されており、文字や写真を当てはめていくだけで作成できます。

最後に口コミの充実ですが、この点は基本的にはお客様の客観的評価として、後からついてくるものです。ただ、「★4つ以上の口コミ投稿をしたスマホ画面を見せていただければ、ソフトドリンク1杯がいつでも無料」といったように、初期の段階では積極的に高評価を集めていくという仕掛けも有効です。

HANJO集客のご紹介

このコラムでご紹介した事項は、すべて無料で取り組むことができますが、無料範囲で機能が限られていたり、部分部分で操作が難しい場合もあります。
当サイトで紹介している「HANJO集客」サービスを使うと、より飲食店に特化されたデザインテンプレートを使って、スマホ操作だけで自分のお店のホームページを作ることができます。また、そのホームページを更新すると、Googleマイビジネス上のお店情報も連動して自動的に更新することができます。

コロナウイルス

コラム人気ランキング

  • 飲食店経営のためのお役立ち資料
  • 飲食店経営のための経営シュミレーション
PAGETOP