1. HOME
  2. 飲食店経営ノウハウコラム
  3. テイクアウトメニューを魅力的にお伝えするには?
  • ネット集客

テイクアウトメニューを魅力的にお伝えするには?

コロナウイルス

新型コロナウイルス感染防止のための営業時間短縮や客席の間引き対応による売上減少を補うため多くの飲食店がテイクアウト販売に取り組んでいます。しかし、せっかく準備してもお客様に魅力的に伝わらなければ不十分な取り組みになってしまいます。そこでこのコラムでは、テイクアウトメニューの認知に絞ってポイントを考察しています。

テイクアウトやってます…

昨今は多くの飲食店の店頭で「テイクアウトやってます!」「テイクアウトはじめました!」というような看板やPOPを見かけます。しかし、そのメニューの中身を十分に説明しきれていないお店も多いように思われます。 認知→興味・関心→比較・検討→購入という、マーケティングプロセス(パーチェスファネル)に沿って説明します。

イートインではお店の佇まい、雰囲気そのものがPR材料になりました。それが魅力的であれば、極端に言えば、店頭に細かく書かなくても、お店に入っていただいてそれからメニューを選んでいただこうという導線でお客様を誘客することができます。基本的に飲食店の場合は、お客様に入店さえいただければなにかしらの注文をいただくことができます。 マーケティングのプロセスでいうと、店頭で興味・関心を獲得し、入店さえさせてしまえば、なにかしらの購入は獲得できることになります。

一方、テイクアウトでは、お客様の興味はお店の雰囲気で取り付けることができるかもしれませんが、そのお洒落なお店で食事ができるわけではないため、特にネットなどの事前情報がない新規のお客様に対応するには、店頭にメニューそのものについて十分な比較検討材料を提供する必要があります。「テイクアウトやってます!」の看板やメニュー名を列挙しただけでの対応では、注文いただけるのは一部の常連さんだけということになってしまうでしょう。

店頭認知の工夫例

コロナ以前のイートイン営業ではお店の佇まいの補いもあり、店先に日替わりメニューを箇条書きにして掲げているということでもお客様を引き付けられたかもしれませんが、テイクアウト営業においては料理の魅力をわかりやすく伝えるPOPが必要です。

まず料理の写真についてですが、最近のスマホの進歩は著しく、コツを押さえると、自分自身で相当きれいな料理写真を手早く撮影することができます。詳しくは次のコラムを参考になさってください。

写真が用意出来たら、ネーミングや価格設定について検討しましょう。この点についての工夫はイートインのメニューと概ね共通します。具体的な検討にあたり、以下のコラムが参考になれば幸いです。

以上が準備できたら一式の情報をPOPという形にまとめて、店頭に大きく張り出してPRするという流れになります。一般的なプリンタはA4サイズの印刷しか対応していないので分割印刷した複数枚を合わせて一枚にするやり方もありますが、お近くのコンビニで、大判カラー印刷で仕上げるという方法もおすすめです。

なお、当サイトHANJO TOWNでご紹介しているHANJO集客サービスでは、テイクアウトPRにすぐに使えるPOPひな形を収録しております。お手元のパソコンから今すぐ利用できます。利用料金は最大2ケ月無料ですので、よろしければご利用ください。

HANJO集客に収録の「テイクアウト」テンプレートの一例
ドリンク訴求POP「おすすめメニューPOP」ひな形

当サイトHANJO TOWNでご紹介しているHANJO集客サービスでは、テイクアウトPRにすぐに使えるPOPひな形を収録しております。

スマホ検索を意識しよう

飲食店のテイクアウトメニュー認知は、店頭で見かけたことに次いで、スマホによる検索などがきっかけになっているケースも多いです。このため、ここからはスマホ検索を意識した認知対策を考えていきます。

コロナ以前、イートインのお店を探される際、お客様は外出先で「新宿 ラーメン」「赤坂 焼肉」といったように「地域×業態」の掛け合わせで検索される傾向がありました。それが現在のwithコロナで変化しました。
Withコロナでは、お客様はステイホームを強いられています。自宅住所は、検索時のランドマークとしては使えません。また、住宅地は駅前などに比較して、様々な業態の飲食店はありません。結果として、お客様はテイクアウトのお店を探される際「テイクアウト 近く」というように検索されています。なお、特に食べたいジャンルの料理がある場合は、デリバリーを利用する傾向が強いようです。

さて、「テイクアウト 近く」とスマホでGoogle検索した場合、Googleは「近く」というリクエストに応えるためにスマホの位置情報を中心円としたGoogleマップの検索結果を優先的に表示します。このことから、まずはGoogleマップに自分のお店情報を反映するための仕組みである“Googleマイビジネス”に登録し、適切な対策を講じておくということが大切になります。2021年7月現在、“Googleマイビジネス”は案内画面に沿って登録するだけで、無料で利用登録することができます。

登録が完了したら、基本的にはできるだけ多くの設定を抜け漏れなく登録することでGoogleに正しくお店の情報を伝えることが重要ですが、特にテイクアウトのPRとしては以下の登録が重要です。いずれも2021年7月現在の“Googleマイビジネス”仕様での設定内容です。

  • お客様による「近く」という検索に対応するため、お店の住所情報を正しく登録する
  • 「ビジネス所有者提供情報」に、テイクアウト営業を行なっている旨登録する

お店ホームページへの誘導

Googleマイビジネスを登録すると、Googleマップに表示される情報を登録できるだけでなく、自分のお店のホームページも持つことができます。ただ、テイクアウトメニューを十分にPRするためには、飲食店用に特化されたホームページ作成サービスを利用されるのも選択肢です。Googleマイビジネスでは、Googleマップ上でお客様が詳細確認をしたい際に、移動先となるホームページを指定することができます。

移動先のホームページでは、このコラムの前半でご紹介したPOPを画像として掲載するようにします。このようにすると、日替わりのメニューでも手早くPOPを作成し、店頭告知すると同時に、お客様のスマホ向けにもPRすることができます。

なお、当サイトHANJO TOWNでご紹介しているHANJO集客サービスでは、「撮るポ」で作成したPOPを直接掲載でき、住所や電話番号、営業時間情報などをGoogleマップ掲載情報と(Googleマイビジネス)と自動連係できる飲食店に最適化されたデザインのホームページを作成することができます。
お手元のスマホで、POP作成、Googleマップ情報、お店のホームページについて、情報がばらばらにならず、簡単、一元的に管理することができます。利用料金は申し込みの翌月末まで無料ですので、よろしければご活用ください

コラム人気ランキング

  • 飲食店経営のためのお役立ち資料
  • 飲食店経営のための経営シュミレーション
PAGETOP